— ブログアーカイブ

ドクターシーラボさんにたまなの味をお届けしました

醤油麹の焼きおむすび
テイクアウトとかケータリングやってないんですか?というお問い合わせをよくいただきます。
むかーし、おべんとう販売はしていましたが、お客さまが増えるにつれて店内でお食事をご提供するだけで精一杯になってしまい、残念ながらおべんとうサービスは廃止。いまはお問い合わせの都度、ご希望の日程と内容と量とご予算を相談のうえ、その日にお弁当にスタッフの力を割いてもご来店のお客さまに影響がなさそうであれば、お受けしています。

そういう状態なので、ちょうど店舗の忙しい時間と、お客さまの宅配希望の時間帯が重なってしまうと、ご希望をお受けできないことも多々あります…。みんな、ごはんを食べたくなる時間はだいたい同じですからねー。お受けできない理由はご説明さしあげて納得していただいてますが、やっぱりとても申し訳ないです。
もっとご要望にお応えできるよう、ケータリングまわりに注力できるスタッフを増員しているところですので、もうしばらくしたら、きちんとした価格やメニューの表ができると思います!

さて昨日は、化粧品メーカーのドクターシーラボさんから、イベントでお配りする軽食のご用命があり、こちらの都合もついたので喜んでお受けいたしました!
コスメ関係、ご縁があるんですよねー。昨年の、ポーラ・オルビスグループの敏感肌化粧品ブランドdecenciaさんとのコラボや、@cosmeさんからの取材、オーガニックのヘアケアブランドVilla Lodolaさんの勉強会THE BODY SHOPさんへのケータリングなどなど。時期は決まっていなくても、たまな食堂で新製品発表会などの催しものをやってよいか?というお問い合わせもよくいただきます。
若いころに美的とVOCEとbea’s UPを毎月読んで外資系の限定商品を買いあさっていたコスメっ子の私としては、とてもうれしいことです!ちなみに今はその反動で顔面が超てきとうになっております。

つくってます上の写真はシーラボさん用の、醤油麹のおむすび。おむすびをにぎって炙ったあと、醤油麹をのせて、さらにオーブンにかけるという手のこみよう。
左の写真は大豆ミートの唐揚げに、ひじき、たけのことれんこんとにんじんの煮物。唐揚げには、自家製ぬか漬けを刻んで豆乳マヨネーズと和えた、特製タルタルソースが添えられます。
和風のふつうのお弁当に見えて、実はかなりの上質食材を使って、かなりの手間ひまをかけているんですよー。

たまな号完成した軽食ボックスを、おなじみ「たまな号」にのせて宅配に出かけます。
最近、「たまな号を見ました!」という方もちらほらいらっしゃるようで。今はまだ主に代々木公園とたまな食堂の往復なのですが、意外に目撃情報が寄せられています。地味な色だけどそれなりに目立っているみたいでよかったです。昨日ももしかしたら、青山から広尾らへんでご覧になった方がいらっしゃるんじゃないでしょうか。

だいたいこんなかんじで、たまな食堂は外に出はじめております。
春になって、屋外イベントも増えてくる季節、いろんな街にたまなの味をお届けできたらいいなー。
ここに来てくれ!とか、うちの駐車場使っていいよ!とかありましたら、ぜひぜひ、お誘いください。力の限りお受けしたいと思います。